パソコンを修理している男性

情報漏洩を防ぐため

画面

人類は古来より自らの経験をしながら日々を生活しています。その経験は必ずしも個人的な財産ではなく、記録して情報化することで後進の教育や資産として活用することが可能になります。近年は記録媒体として大容量のハードディスク等の磁気メディアが重宝されていますが、ハードディスクは構造上壊れやすいという欠点があります。しかし、ハードディスクの故障の多くは情報を読み取れないだけであって適切な手段を講じることでハードディスク内の情報を読み取ることが可能ですから、情報流出を防ぐためには廃棄前にデータ消去サービスを利用するがお勧めです。データ消去サービスの利用料はハードディスク本体を磁気的に破壊するならば数千円程度が一般的ですが、ソフトウェアによる消去は数万円必要な事が多いです。

パソコン上でのデータ消去作業はハードディスク上からデータを消去した訳ではないことはよく知られていますが、ハードディスク本体に対する単純な物理的な破壊によっても必ずしも記録内容が失われる訳ではないのです。専用の機器を使用することでデータの読み取りは可能ですから、近年の情報化社会においてハードディスクの廃棄は注意が必要とされます。ハードディスクは磁気メディアですから強磁場に曝す方法を選択すれば、データ消去サービスの利用は安価かつ短時間で済みますが、ハードディスクの再利用はできません。データ消去サービス業者が専用のソフトウェアを用いたデータ消去は割高で長時間必要ですが、ハードディスクの再利用が可能ですから今後の利用方法次第で選択する必要があります。


数世代のバックアップ

手

会社でレンタルサーバーを借りる場合、バックアップシステムが充実しているところと契約するというのが基本です。ハードディスクが壊れたことを考え、別の媒体で数世代のバックアップを取るシステムを組んでいます。

READ MORE

データを復旧する方法

キーボードを打つ手

データの誤削除がパソコン上でのトラブルで多いです。消えたと思ったファイルもデータ復旧ができることがあります。ソフトを利用する方法と專門の業者に依頼する方法があります。

READ MORE


安全を第一に考える

キーボード

運送業はスピードより安全性が重視されています。交通事故に発展した場合のリスクが上昇していることが要因です。デジタコを導入することで運行状況を管理されるので、運転者は安全への意識がつきます。

READ MORE